ホームページの動画再生について

朝霞高校のホームページには動画(ビデオ)もアップされています!「ファイルのダウンロード中に Windows Media Player に問題が発生しました。」とエラーが起きた場合「閉じる」のボタンを押して、「もう一度再生」をクリックすると見ることができるとお伝えしましたが、もう一つの方法として、ブラウザを Internet Explorer ではなく、Mozilla FireFox や Google の Google Chrome にすると見ることができるようです。ご不便をお掛けします。
 

オンライン状況

オンラインユーザー22人
ログインユーザー0人
登録ユーザー54人

緊急情報発信用

緊急情報発信用ウェブサイトのQRコードです!
 
 


 

QRコード

朝霞高校のQRコードを作成いたしました。どうぞご利用ください

朝霞高校QRコード


 
あなたはソフトテニス部に162701番目に来ていただきました
ありがとうございました since 2010.11.18

日誌

女子ソフトテニス部通信
12345
2017/08/22

8月の報告①

Tweet ThisSend to Facebook | by:akito
8月2日 サンワカップ

 いつもお世話になっているサンワスポーツ様の主催する研修大会に参加。会場は熊谷ドームと妻沼運動公園です。3ペアずつの2チームで参加したのですが、結果はAチーム、Bチームともに予選敗退。学校のコートとは違うバウンド、大会の空気、それらにあてられていつも通りのプレーが発揮しきれない場面も多々ありました。

8月16日 ナロ杯

 研修大会2つめ。同じく熊谷ドームにて開催されたナロ杯です。こちらも団体戦の大会でAB2チームで参加しました。さすがにドームのバウンドにも慣れ、前回の大会より積極的な動きが見えた大会でしたが…
 Bチームは3戦中2勝1敗。Aチームについては4戦中1勝3敗と、悔しい結果となりました。とくにAチームについては、ダブルフォルトやチャンスボールの取のがしが続き、いい流れをつかみきれず勝てる試合をいくつも落としてしまった感が否めません。前日まで雨続きだったことなど技術的に不安定になる要因もあったものの、いい動きが出来ている場面もあったわけで・・・。多くの課題を残す大会でした。

8月19日 フジ杯


 そして迎えた最後の研修大会であるフジ杯。場所は所沢北野運動公園です。不安定な天候の中ではありましたが幸い晴れ間ものぞき、大会実施することができました。実力の近いペアが多い印象だったので、条件次第では上位にくいこむことも可能と思われましたが…

①川﨑・田中 ベスト32
②田邉・鈴木 ベスト16
③渡邊・中野 ベスト32
④菊地・柿沼 2回戦敗退
⑤小嶋・松尾 2回戦敗退

 以上の結果となりました。
 
 …ベスト16は決して悪い結果ではないのだと思います。1年生が多いことを鑑みれば、悲観的になる必要はない状況なのかもしれません。しかし、ほぼすべてのペアが「勝てる可能性のある相手に負けている」感が否めないのが心残りなのです。流れをつかみかけた所での3本連続レシーブミス…勝利を焦ったことから起きるチャンスボールミス…コースの狙いすぎ・・・特殊な技能ができないから負けたのではなく、抑えるべきところを抑えきれていない負け方が目立った大会でした。
 
 練習をしていないわけではないです。時間もかけている。しかし、勝つために必要な何かが足りない。無論、顧問もかわり練習メニュー含め以前のようにはいかないのは重々承知ですが、それ以外に個々人においてもチームにおいても、何かが足りないのです。果してそれはなんなのか。
 気がつけば夏も終盤。24日には西部地区のテニス部における通知表と呼ばれる「西部リーグ」が、その後には新人戦が待っています。残された期間はあとわずか。目標達成のために何をすべきか1人1人が考え前進あるのみです。
 頑張っていきましょう。
09:39
2017/07/29

7月の報告

Tweet ThisSend to Facebook | by:akito
7月の活動内容について報告します。

7月9日(日)
練習試合VS志木&滑川総合&大妻嵐山

期末試験の休み明けすぐということもありケガ等の不安もありましたが、参加校全てが勝負に対して強い思いを持って臨んでいる学校ということもあり、15日の大会に向けてモチベーションを高めていくいい契機となりました。

気持ちを高め、大会へ。


7月15日(土)
埼玉県選手権地区予選

前顧問の先生からルール説明を受けて、試合開始。


3年生にとっては最後の地区予選、1年生にとっては自分達のユニフォームを着て臨む最初の大会でもあります。結果はいかに。


★結果報告
 ①森下・中野 ブロック2位
 ②田邉・田中 ブロック2位
 ③菊地・佐藤 2回戦敗退
 ④常盤・藤井 2回戦敗退
 ⑤渡邊・柿沼 ブロック4位
 ⑥川崎・鈴木 ブロック4位
 ⑦小嶋・橋本 2回戦敗退
 ⑧小出・松尾 1開戦敗退

 結果、残念ながら県大会出場は叶いませんでした。チャンスはあっただけに非常に悔しい結果ではありますが、まずは受け止めるしかありません。
 今回の大会で3年生は完全引退となります。ですが、3年生が蒔き続けてくれた「朝霞高校テニス部の種」は確実に1,2年生の中に息づいています。

3年生の皆さん、本当にありがとうございました!

・・・そして、大会の結果等もふまえ朝校テニス部は新たなスタートをきることに。

7月20日

終業式の後。
夏休みに入る前に部員全員でしておきたいことがありました。
それが、今後の目標と、それを実現するためになすべきことの共有です。


全員から意見を求め、すり合わせながら自分達の目指すもの、部活像を形にしていきます。
スローガンは、「運動部といったら女テニ」と言われるような部活にすること!
そのために何をなすべきか?


いよいよはじまる暑い夏。
朝霞高校女子ソフトテニス部をとりまく環境は否応なく変わってきています。
その中で必要なのは、「どのような部活にしていきたいと思うのか」という1人1人の意志。
まだまだ暗中模索の中ではありますが、部員一同自分達の部活を目指して頑張る所存です。
皆様、何卒応援よろしくお願いします。
10:02
2017/06/24

新体制へ

Tweet ThisSend to Facebook | by:akito
 6月10日(土)に、熊谷さくら運動公園にてインターハイ予選(個人)が実施されました。本校の3年生にとっては1つの節目になる大会ということもあり、参加ペアは1ペアのみではありますが全員で応援に向かいます。

 

 初戦の相手は浦和南高校。タイプの違うW後衛に一時リズムを崩されるも4-1で快勝。良いスタートをきりますが、2戦目であたった早大本庄の鋭いボールにおされ、健闘するも1-4で敗退。

 

 試合終了後、3年生の引退式が行われました。7月の大会までは部活に協力してもらうとはいえ、部長含む各役職の引き継ぎも終わり、ここから朝霞高校女子ソフトテニス部は3年生から2年生への移行期へと入っていきます。今後とも応援、よろしくお願いします!
08:08
2017/05/31

練習試合&保護者会実施

Tweet ThisSend to Facebook | by:akito
 5月27日(土)に川越南高校と市立川越高校との練習試合を、続いて28日(日)には保護者会をそれぞれ実施しました。
 練習試合の結果は34戦中23勝、勝ち越しではありますが肝心なのは中身。1stサーブの確率、何でもない所でのレシーブミス…せっかくつかみかけた流れを自ら手放してしまうような展開もありました。一球一球を大切にせねばです。
 

 日曜の保護者会では、多くの保護者の方と情報共有を行うことができました。貴重な日曜日に高校まで御足労いただきありがとうございます。生徒が充実した3年間を過ごすためにはどうしても保護者の方の協力が必要です。今後とも、よろしくお願いします。


 PS
 
 保護者会が終わった後、昨年まで顧問だった井上先生が顔を出して下さいました。過去の女子ソフトテニス部の歩みを話して頂いたのですが、今当たり前だと思っている環境、部活の伝統、そうしたもの全てが先輩方や先生が積み上げてきてくれたものであり崩れるのは一瞬であるということをあらためて認識させられるお話だったと思います。
 新体制が始まって早2ヶ月。中間テストも終わり、いよいよ夏がやってきます。気持ちを引き締めなおして頑張っていきましょう。
17:21
2017/05/11

新年度初更新

Tweet ThisSend to Facebook | by:akito
前任の顧問の先生から引き継いだはいいものの、新年度のごたごたと、PCの不具合等を言い訳に更新が滞ってしまっていました。申し訳ありません。いよいよ朝霞高校ソフトテニス部(女子)HP,再始動です。





このひと月半の間にも色々なことがありました。
県北選手権では県ベスト16のペアを下し、ベスト16に進むもその後惜敗。


4月になって1年生が10人入部。部員数は一気に16人となり、練習内容や雰囲気も良くも悪くも今までどおりというわけにはいかなくなっていきます。



新体制の試行錯誤の中はじまった関東大会西部地区予選(個人)では、
森下・田中と田邉・佐藤の2ペアが県大会に進出しました。

そして迎えた団体戦。

対戦相手は川越総合高校。
選手は気持ちを崩さず、応援も一致団結し、いいコンディションを作って試合に臨んでいきましたが、結果は1-2で惜敗。
敗北した2試合はどちらもファイナルゲームまで気持ちを切らさず健闘するも、ダブルフォルトやレシーブミスといった単発のミスに足元をすくわれる結果となりました。



初戦敗退なので、今年は学総体の団体戦には出場できません。
また、個人戦についても共に県ベスト128。朝霞高校は学校枠1ペアのみの参加となります。
…それだけに、ここからはどれだけモチベーションを維持して前向きにチームを維持するかが試される期間です。口角をあげて、頑張っていきますので今後も応援して頂ければと思います。
09:05
12345